スポンサーリンク

【Uni&Co.】1年使ったレザーメッセンジャーバッグをお手入れしてみた【お手入れ方法】

お気に入りのレザーメッセンジャー「Uni&Co.」。

最近、ネット上の広告でよく見かける「Uni&Co.」というレザーのメッセンジャーバッグ。 一枚革を使っているため独特のシルエッ...


購入してから1年ほど経ちました。

雨の日は使用しないようにしたり大事に扱っていたのもあって
シワや型崩れも目立たず綺麗な形を保っています。

とはいえ革製品。
レザー用のお手入れ製品を使ってメンテナンスしたほうが更に良いはず。

実際にお手入れしてみたので、その手順を書いてみます。

スポンサーリンク

<必要な物>

・革製品用ブラシ
今回はcollonil(コロニル)の馬毛ブラシを2種類用意しました。
大きいほうはホコリ落とし用。
小さいほうはレザー用の栄養補給クリームを塗るのに使います。
・レザー用クリーナー
レザーの汚れ落としに使います。
今回はcollonil(コロニル)のレザーソープを使用。
・レザー用栄養補給クリーム
クリーナーで汚れを落とした後にクリームで栄養補給をします。
今回はcollonil(コロニル)のシュプリームクリームデラックスを使用。
ここでは、カラーレス(無色)を使用します。
・仕上げ用クロス
クリームを塗った後の乾拭き用。
不要なTシャツで拭いても良いと思いますが、
せっかくなので他の用品と同様にcollonil(コロニル)のポリッシングクロスを用意しました。
バッグの種類によっては防水スプレーも使うべきなのですが、私が使っている「ROYAL NAVY」等のオイル加工製品は
防水スプレーを使うと光沢が無くなるらしいので注意してください。

<お手入れ手順>

1.まずは汚れ落とし
ホコリ落とし用のブラシを使ったりTシャツ等で乾拭きしてホコリを落とします。
普段は、これをするだけでも構いません。


次に、Tシャツ等にクリーナーを適量取り、バッグを拭いていきます。

革を傷めないよう、あまり力は入れず優しく全体を拭きます。

2.クリームで栄養補給


小さいブラシにクリームを少しずつ取り、全体へまんべんなく塗っていきます。

3.仕上げの乾拭き
最後は、ポリッシングクロスかTシャツ等を使って乾拭きします。

まるで新品のような光沢!! ピカピカですね(笑)

クリーナーやクリームのお手入れは手間がかかりますので、
使用頻度や革の状態にもよりますが1~3ヶ月に1回くらいで良いみたいです。

普段はブラッシングやTシャツで乾拭きするくらいでいいでしょう。

Uni&Co.は革製品ですので、使い方次第ではシワや傷、型崩れなどが発生します。
しかし、大事に使えば1年以上経っても新品に近い美しさを保てます。

それだけ大事にしたいお気に入りのバッグですので、これからも愛情を持って使っていきたいです^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. zir より:

    いつも楽しく読ませていただいています。
    その後、型くずれはいかがでしょうか?

    • ゆーき より:

      当ブログを読んでいただきありがとうございます!
      もう2年以上使用していますが、全く型崩れはしていなく購入当初と見分けが付かないくらいです。
      店頭に置いてある物や、街で見かけるものは型崩れやシワが出ているものが多いですが使い方やメンテナンスの差のような気がします。

      形が変わるくらい物を入れないようにしたり、逆に物が入っていなくてスペースがあるときは形を維持するようにタオルやカーディガンのような物を詰めると形を維持しやすいと思います。

      Uni&coのバッグは何個も購入しているので近いうちに記事を書く予定ですので
      もし宜しければ読んでいただけると嬉しいです。

  2. zir より:

    ありがとうございました。